保育士の求人で待遇のいい職場を探そう|夢を叶えるために

男の人

時間外労働を無くせ

男女

無理な労働は違反行為に当たる可能性がある

結婚をしていて、育児や家事をしながら働く女性が多くなってきています。それと同時にパートタイムで働く方も増えてきているのが現状です。しかし、パートタイムと謳っていても中には正社員と同じような時間まで働かされるなどの悪徳な企業があるのも事実といえるでしょう。そのような会社に入ってしまい無理をすると体に負担がかかるだけでなく、精神的にも疲れ切ってしまうので、そうなる前に辞めるという選択肢も知っておくべきです。しかし、日本人はシャイで生真面目な方が多いので、なかなか言い出せないことがあるでしょう。そのような場合は、専門機関にメールなどで相談するといいでしょう。また、サービス残業を余儀なくされる場合は特に専門機関に相談するべきです。

労働基準監督署に相談するのがポイント

パートタイムで働く場合は労働時間が厳しくなってきており、少しでも長時間労働をさせると会社の名前を公表される場合があります。また、嘘の求人を出すことで訴えることもできるので、求人票に掲載されているもの以外の時間外労働があった場合には直ちに専門機関に打ち明けるといいでしょう。また、労働基準監督署では労働条件に違反している会社の証拠を掴んだり、警察に届け出たりする権限を持っているので、とても頼りになります。一人で悩んでいても何も解決にはならないので、泣き寝入りする前に労働基準監督署まで電話をするのが賢明です。そうすることによって、快適に働ける環境を手に入れることができ、これからパートタイムで入社する人をも救うことになるのです。